〒125-0054 東京都葛飾区高砂8-30-12
  • 特大
  • 大
  • 標準

予防・健康診断

診察室

予防について

■フィラリア予防について

山内キャンディーちゃんフィラリア症は犬糸状虫症ともいい、原因はフィラリアという糸状の寄生虫です。蚊によって運ばれ、フィラリアに感染した蚊に犬が刺されるとうつってしまいます。
症状は、はじめは食欲・元気がなくなり、体重が減ったり、咳をしたりします。治療をしないと最後は腹水がたまって死んでしまう、恐ろしい病気です。

フィラリアの予防は・・・

東京では4月~11月の間、基本的には月に一回の飲み薬などで予防をしますが、今年(平成25年)から一回の注射で1年間効果のある予防注射が発売されました。詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。去年予防をしなかったワンちゃん、途中でやめてしまったワンちゃん、今までしたことがなかったワンちゃんは、必ず血液検査をして、感染の有無を調べましょう。

■ワクチンについて

犬猫用ワクチンの説明を簡単にいたします。

犬のワクチンについて・・・
1・狂犬病ワクチン

法律で必ずうつことが決められているワクチンです。生後91日(3カ月)以上の飼い犬は、飼い始めてから30日以内にうたなければなりません。
毎年1回の接種が義務づけられています。

2・混合ワクチン

アルファ動物病院では8種混合ワクチンをつかっています。
このワクチンの目的は、予防可能なウイルス・細菌性の病気の予防です。
必ずうたなければいけないわけではありませんが、こわい病気から愛犬を守るため、接種することを強くおすすめします。

猫のワクチンについて・・・
1・3種混合ワクチン

3種類のウイルス性の病気を予防するためのワクチンです。たとえかかってしまっても、非常にかるい症状ですみます。
必ずしもしなければいけない、というわけではありませんが、やはり接種されることをおすすめします。

2・白血病ワクチン

白血病ウイルス感染症は、白血病やリンパ腫、貧血、流産をおこします。免疫力が弱くなるので、他のいろいろな病気にかかりやすくなってします。感染すると、80%が3年以内に死亡するといわれている病気です。ワクチンを接種する前には、検査が必要です。

ワンニャンドック (完全予約制)

ネコ

最近なんとなく元気がない・・・
もうだいぶお年寄りになってきたな・・・
うちの子は健康なのかな・・・
散歩に行きたがらない・・・
疲れやすいな・・・

そんな飼い主さんは是非、
ワンニャンドック(=1日検査入院)をご利用下さい。

■1日検査入院で健康チェック!

検査内容

血液検査(一般血液検査、生化学検査)・尿検査・糞便検査・レントゲン検査(1枚)

2017年わんにゃんドック料金表

▲クリックすると拡大します

検査項目
【1】健康状態チェック

●診察室でカウンセリングを行います。特に気になることや相談などがあればお伺いします。
●視診・触診・聴診を行い、検査内容の説明を致します。
(このとき、追加検査の必要性がありそうなところは、御報告致します。)
●体重測定いたします

【2】1日検査入院・基本

●血液検査

  説明
CSC(5項目)
(血液検査所見)
赤血球 (RBC) 赤血球 (RBC) 貧血などの指標
白血球(WBC) 白血球(WBC) 感染症、白血球減少症などで変動
血小板(PLT) 血小板(PLT) 止血異常の指標
ヘマトクリット(HCT) ヘマトクリット(HCT) 貧血で減少 脱水・赤血球増多で上昇
ヘモグロビン(Hb) ヘモグロビン(Hb) 血色素 貧血の有無
生化学検査

※追加項目:
+700円
GOT GOT 骨格筋・心筋・肝臓の障害で増加
GPT GPT 肝臓の酵素 肝機能の指標
ALP ALP 胆汁うっ滞、胆管炎などで上昇
γ-GTP γ-GTP 肝疾患・胆道系疾患(特に胆汁うっ滞)で上昇
T-BIL T-BIL 溶血性疾患、肝疾患、胆汁うっ滞で上昇
BUN BUN 尿素窒素 腎臓・肝臓の機能チェック
CRE CRE 腎不全など、腎臓の機能チェック
T-cho T-cho 総コレステロール 肝疾患・脂質の代謝異常の指標
TG TG 中性脂肪 糖・脂質代謝異常、内分泌・腎疾患でも異常値となる
GLU GLU 血糖値 主に糖尿病の診断
TP TP 血漿総タンパク 腎・肝疾患、脱水などの指標
ALB ALB 蛋白質のひとつで、肝疾患・消耗性疾患で低下
Ca Ca 血清カルシウム値 骨代謝・筋収縮・血液凝固に関与している
乳び 乳び 血漿の色 (白濁していると+)
黄疸 黄疸 血漿の色 (黄色が濃いと+)
ウイルス検査(猫)
+3000円
 - FIV 猫エイズウイルスの検査
 - FeLV 猫白血病ウイルスの検査
フィラリア検査(犬)
+1000円
抗原検査  - 犬フィラリア症の検査

●尿検査

ペーパーテスト 潜血 PH
ブドウ糖 亜硝酸塩
ケトン体 蛋白質
ウロビリノーゲン ビリルビン
比重
沈査(オプション)+700円

●糞便検査
直接法:虫卵 細菌 原虫 未消化物(脂肪・でんぷんなど)チェック
浮遊法(オプション):寄生虫卵の詳しい検査 (+700円)
●レントゲン検査
胸部レントゲン:1枚
(オプション)追加レントゲン1枚(+2200円)
他の検査結果から必要性がある場合、又は特に検査ご希望の部位がある場合

【3】オプション検査

上記検査結果から必要性がある場合、又は御希望により追加検査(別料金)を致します。

【料 金】 1万7千円 → 1万円/追加検査(別料金)

心臓ドック (完全予約制)

新しく始まった心臓ドックは特別に心臓に的を絞って検査を致します。
8歳を越えると、心臓病のリスクが高くなります。
心臓病の早期発見をおすすめいたします。
半日のお預かりで、心臓の詳しい検査(レントゲン・エコー)を行います。
ワンニャンドックと一緒に受ける事も可能です。

【料 金】
心臓ドック:1万円  ワンニャンドック:1万円
心臓ドック+ワンニャンドック:1万5千円
心臓ドック+ワクチン:1万5千円
ワンニャンドック+ワクチン:1万5千円
心臓ドック+ワンニャンドック+ワクチン:2万円

  • ホーム
  • 動物病院紹介
  • 診療案内
  • 予防・健康診断
  • 診療時間・地図